MENU

消費者金融と銀行カードローンを比較

【消費者金融は危ないのか?】
なぜか、消費者金融に対して「危ない」印象を持つ方は多いです。しかし、消費者金融は三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行など大手銀行が運営している「銀行系カードローン会社」なので安心です。また、銀行の保証機関と全く同じ部署(子会社)が審査を行っているので、安全な取引が実現します。

 

【銀行と消費者金融の違い】
銀行は総量規制(年収の3分の1以上の借入ができない規制)の対象外となっています。これに対して消費者金融は「銀行系」でも、総量規制の対象となります。年収の3分の1をオーバーした新規融資、増枠申請などはすべて(審査で)却下される仕組みです。

 

ただ「銀行に規制がない=無制限の融資ができる」訳ではありません。年収の3分の1を目安に、借りすぎないようなリミットは(言及はないものの)設けられています。銀行を利用する場合は「希望する金額」に注意して申し込みましょう。

 

● 総量規制外のローン
消費者金融の場合でも一部「総量規制外のローン」を扱っています。複数ある借金を一本化したり、金利の高いローンから低いローンへの借り換えに関しては「消費者の健全なキャッシング利用を支援するため」総量規制外として融資を行っているのです。

 

【人気のあるカードローン商品はどれ?】
現在、人気のあるカードローンにはプロミス、モビット、オリックス銀行カードローン、レイク、楽天銀行、アコム、三菱東京UFJ銀行カードローンなどがあります。中でも最も人気が高いのは、銀行では「オリックス銀行カードローン」です。また、消費者金融カードローンとしては、プロミス(三井住友銀行系列)とモビット(三井住友銀行系列)の名前が上がっています。

 

【良いローン=自分に合うローン】
良いローンとは、それぞれの合ったローンを指します。アルバイトと主婦の方、自営者、お勤めの方はそれぞれ、年収やライフスタイル、必要な借入金額が異なります。このため、それぞれが目的に合わせて「自分にふさわしいローン」を探す必要があるのです。

消費者金融の種類

消費者金融は銀行系と銀行系以外の二種類があります。「銀行系」とは、親会社に大手銀行を持つ消費者金融を指します。プロミスやモビット、アコム、ノーローンはすべて銀行系の消費者金融です。

 

これに対し、アイフルのような銀行と直接関係のない消費者金融もあります。CMでおなじみのレイクは(一見銀行系の消費者金融に見えますが)新生銀行のカードローン商品です。このため、レイクは年収による総量規制を受けません。

 

レイクに申し込まれる方は消費者金融と間違えないよう注意しましょう。

 

● 審査の難易度はいろいろ
消費者金融と銀行では、審査の難易度は異なります。一般的に消費者金融よりも銀行の方がカードローン審査は慎重に行われます。ただ、最近は銀行のカードローンでも、審査が柔軟なものが増えてきています。

 

ある程度の条件(年収など)がクリアできれば、最低金利3パーセント台の銀行カードローンも利用できます。初めてカードローンを利用される方は、まず難易度の低いカードローンを探してみてください。消費者金融のように、審査のやさしいローンは初心者の方におすすめです。

 

また、女性で初めてキャッシングをされる方は「女性専用ローン」を扱う金融機関を探してみてください。消費者金融のプロミスでは、レディースキャッシングを取り扱っています。申し込みから審査まで、プロミスの女性スタッフが丁寧に対応してくれるので、初めての方でも安心して利用できます。

 

● インターネット申し込み
カードローンは、ネットからの申し込みが大変便利です。インターネットであれば、土日や祝日など曜日に関係なく、24時間好きな時間にカードローンが申し込めます。初めての方は特に、こうしたインターネット申し込みを利用してみてください。ガイダンスに従って入力するだけなので、迷うことなく申し込みが完結します。

 

● プロミスとモビット
プロミスに並んで人気の消費者金融に「モビット」があります。モビットは、初めての方はもちろんアルバイトやパート、自営業者の方にも使いやすいカードローン商品です。

 

モビットカードローンは1種類ですが、申し込み方法はいくつかの選択肢があります。電話による申し込み、インターネットからの申し込み、郵送による申し込みが選択できます。また、全国の無人契約機からの申し込みが可能です。

 

郵送は契約のやりとりに1週間前後の「待ち時間」が必要です。また、店舗の契約ブースが埋まっている場合も待ち時間が生じます。モビットで最もおすすめの申し込み方法はインターネット申し込みです。先にインターネットで申し込みを済ませ、後でカードと契約書のみ店舗で受け取れば待ち時間はほとんどありません。

 

● モビットのWeb完結
モビットには、全ての手続きをインターネットだけで完結できる「Web完結」と呼ばれるサービスがあります。Web完結には、キャッシュカードの発行がありません。

 

また、契約書の発行も(原則として)インターネット上でのやりとりに限定されます。その代わりに、Web完結には面倒な電話でのやりとりがなく、職場への在籍確認は収入証明書や健康保険証で受理されます。こうした便利なサービスによって、モビットは新規会員の数を着実に伸ばし続けています。